自作パソコンのための基礎知識|メイクPCユアセルフ

いつでもどこでも使える通販サイトを活用しよう

必要なパーツ

機械に詳しいという方の中には自作パソコンを制作する方がいます。必要なパーツを安く手に入れられるのがこちらです。

パソコンを購入するのであれば、主にふたとおりの選択肢があります。ひとつは、すでに完成品となっている市販のパソコンを購入すること。そしてもうひとつは、パーツだけを購入して自作パソコンを作ることです。
完成品を買うのは、とても簡単です。あとは起動して初期設定を終わらせれば、すぐにパソコンを使っていろいろな作業をすることができます。その初期設定もよくわからなくて不安であれば、お店の人にお願いしてやってもらうことも可能です。
逆に、自作パソコンは難しいというイメージがあるかもしれません。確かに、パソコンのことをよく知っている玄人が作っているという印象があるかもしれませんが、自作パソコンはそれほど難しいものではないのです。
ここでは、自作パソコンに必要なパーツを紹介していきます。

まず必要なのは、パソコンケースです。タワー型のものが普通で、パソコンショップへ行けばいろいろな形のものが売られています。初めてであれば、スリムタイプよりもミドルタイプのほうがおすすめ。好きなデザインのものを選びましょう。
次に必要なのは、マザーボードです。パソコンの基板となる部分がマザーボードで、種類によって取り付けられる部品が変わってきます。パソコンケースは古いものでも大丈夫ですが、マザーボードはできるだけ最新のものを購入したほうが、あとから「この部品を取り付けられない」というトラブルがなくなります。
3つめは、CPUです。CPUはパソコンの脳に当たる部分で、いくつかの種類があります。どれを選べばいいかわからなければ、お店の人に聞きましょう。

ほかに必要なのは、CPUが熱を持たないためのCPUファン、データを記録しておくHDD、パソコンが作業をするために必要なメモリ、システムをインストールするのに必要なCDドライブ、システムの根幹となるOSインストールCD、それからディスプレイやキーボードなどの周辺機器です。あとは、ドライバーとペンチがあれば組み立てることができます。

ピックアップ

意外と簡単

最近パソコンを自作する人が増えています。自作パソコンならば販売しているパソコンにはないような機能や特徴をつけることができますから、痒い所に手が届かない状態を改善できます。

周辺機器について

自作パソコンを作るのは、意外と簡単です。その際にこだわりたいのが、サプライです。サプライにはディスプレイ、キーボード、マウスなどがあり、安価でも揃えられますが、環境を快適にしたいのであれば高性能のものもあります。

メニュー

ページトップへ戻る
Copyright© 2015 自作パソコンのための基礎知識|メイクPCユアセルフ All Rights Reserved.